リンパ腫委員会

組織概要へ→
活動実績へ→

【委員会のご紹介】
 

悪性リンパ腫は小児の悪性腫瘍の約10%ですが、造血器腫瘍では白血病に次いで多い疾患です。この悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大別され、日本ではホジキンリンパ腫が少ないという特徴があります。非ホジキンリンパ腫の中ではバーキットリンパ腫・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫・リンパ芽球性リンパ腫・未分化大細胞型リンパ腫の4病型で90%以上を占めます。いずれもが、近年めまぐるしく治療成績の向上が報告されています。これらのリンパ腫に対して初めての国内統一の臨床研究を行っています。すなわち、バーキットリンパ腫・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対してはB-NHL03プロトコールを、リンパ芽球性リンパ腫に対しては限局病期にLLB03、進行病期にALB03プロトコール、さらに未分化大細胞型リンパ腫に対しては国際共同研究であるALCL99プロトコールをおこなっており、現在も遂行中のLLB03以外は近日中に研究期間が終了し治療成績の解析を行う予定です。それと同時に、次期治療プロトコールの策定をおこなっております。また、再発する症例は必ずしも多くはありませんが、いったん再発すると治りにくいことが知られており、再発症例に対する治療法の策定も検討しています。

一方のホジキンリンパ腫は、国内での発症が少ないために各施設で各々の治療をなされておりました。このため、各施設へのアンケートで過去の国内での成績をまとめ、国内統一プロトコールの策定を計画しており、近日中に開始の予定です。

さらには、非ホジキンリンパ腫において先に述べた4病型以外の稀なものを、やはりアンケートで治療成績の解析を行っております。今後は、JPLSGへの登録症例からさらなる解析をおこない推奨治療法の提示が可能となるように研究を進めていく予定です。また、造血幹細胞移植や臓器移植後に出現するEBウイルスによるリンパ増殖性疾患もまた難しい病態で、個々の症例でどのように対処すべきか臨床現場では悩ましい問題となることが多いのが実情です。これに対しても、本委員会が中心となり他の学会と協力して病態の解析を行い、治療法の標準化を進めていきたいと考えております。



【業績】
1. Mori T, Takimoto T, Katano N, Kikuchi A, Tabuchi K, Kobayashi R, Ayukawa H, Kumagai MA, Horibe K, Tsurusawa M. Recurrent childhood anaplastic large cell lymphoma: a retrospective analysis of registered cases in Japan. Br J Haematol 132: 594-597, 2006

2 .Fujita N, Mori T, Mitsui T, Inada H, Horibe K, Tsurusawa M; Lymphoma Committee of the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. The role of hematopoietic stem cell transplantation with relapsed or primary refractory childhood B-cell non-Hodgkin lymphoma and mature B-cell leukemia: a retrospective analysis of enrolled cases in Japan. Pediatr Blood Cancer 51: 188-192, 2008

3 .Brugières L, Le Deley MC, Rosolen A, Williams D, Horibe K, Wrobel G, Mann G, Zsiros J, Uyttebroeck A, Marky I, Lamant L, Reiter A. Impact of the methotrexate administration dose on the need for intrathecal treatment in children and adolescents with anaplastic large-cell lymphoma: results of a randomized trial of the EICNHL Group. J Clin Oncol 27: 897-903, 2009

4 .Mitsui T, Mori T, Fujita N, Inada H, Horibe K, Tsurusawa M; Lymphoma Committee, Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Retrospective analysis of relapsed or primary refractory childhood lymphoblastic lymphoma in Japan. Pediatr Blood Cancer 52: 591-595, 2009

5. Kobayashi R, Yamato K, Tanaka F, Takashima Y, Inada H, Kikuchi A, Kumagai MA, Sunami S, Nakagawa A, Fukano R, Fujita N, Mitsui T, Tsurusawa M, Mori T; Lymphoma Committee, Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Retrospective analysis of non-anaplastic peripheral T-cell lymphoma in pediatric patients in Japan. Pediatr Blood Cancer 54: 212-215, 2010

6. Le Deley MC, Rosolen A, Williams DM, Horibe K, Wrobel G, Attarbaschi A, Zsiros J, Uyttebroeck A, Marky IM, Lamant L, Woessmann W, Pillon M, Hobson R, Mauguen A, Reiter A, Brugières L. Vinblastine in children and adolescents with high-risk anaplastic large-cell lymphoma: results of the randomized ALCL99-vinblastine trial. J Clin Oncol 28: 3987-3993, 2010

7. 森鉄也. 小児未分化大細胞型リンパ腫の治療. 日本小児血液学会雑誌 24: 131-138, 2010

8 .田中文子、小林良二. リンパ増殖性疾患・非Hodgkinリンパ腫におけるまれな病型. 小児科診療 73: 1390-1394, 2010

9. 中澤温子. 小児リンパ腫の病理. 日本小児血液学会雑誌 24: 230-233, 2010

10. 菊地陽. 成熟B細胞性非Hodgkinリンパ腫. 日本小児血液学会雑誌 24: 234-236, 2010

11. 角南勝介. リンパ芽球型リンパ腫の治療. 日本小児血液学会雑誌 24: 237-240, 2010

12. 森鉄也.未分化大細胞型リンパ腫. 日本小児血液学会雑誌 24: 241-244, 2010

13. 小林良二、田中文子、高嶋能文、稲田浩子. 稀な非ホジキンリンパ腫. 日本小児血液学会誌 24: 245-249, 2010

14. 三井哲夫. 再発・難治性非ホジキンリンパ腫の治療. 日本小児血液学会誌 24: 255-260, 2010

15 .古賀友紀、熊谷昌明. 小児ホジキンリンパ腫. 日本小児血液学会誌 24: 250-254, 2010

16. Attarbaschi A, Mann G, Rosolen A, Williams D, Uyttebroeck A, Marky I, Lamant L, Horibe K, Wrobel G, Beishuizen A, Wössmann W, Reiter A, Mauguen A, Le Deley MC, Brugières L; European Intergroup for Childhood Non-Hodgkin Lymphoma (EICNHL) ALCL99 Trial. Limited stage I disease is not necessarily indicative of an excellent prognosis in childhood anaplastic large cell lymphoma. Blood 117: 5616-1619, 2011

17. Wrobel G, Mauguen A, Rosolen A, Reiter A, Williams D, Horibe K, Brugières L, Le Deley MC; European Inter-Group for Childhood, Non-Hodgkin Lymphoma (EICNHL). Safety assessment of intensive induction therapy in childhood anaplastic large cell lymphoma: report of the ALCL99 randomised trial. Pediatr Blood Cancer 56: 1071-1077, 2011

18. Sekimizu M, Sunami S, Nakazawa A, Hayashi Y, Okimoto Y, Saito AM, Horibe K, Tsurusawa M, Mori T. Chromosome abnormalities in advanced stage T-cell lymphoblastic lymphoma of children and adolescents: a report from Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) and review of the literature. Br J Haematol 154: 612-617, 2011

19 .Lamant L, McCarthy K, d`Amore E, Klapper W, Nakagawa A, Fraga M, Maldyk J, Simonitsch-Klupp I, Oschlies I, Delsol G, Mauguen A, Brugieres L, Le Deley MC. Prognostic impact of morphologic and phenotypic features of childhood ALK-positive anaplastic large-cell lymphoma: results of the ALCL99 study. J Clin Oncol 29: 4669-4676, 2011

20. 古賀友紀、熊谷昌明、瀧本哲也、三間屋純一、中澤温子、堀部敬三、小林良二、鶴沢正仁、稲田浩子、森 鉄也. 本邦における小児Hodgkinリンパ腫157例の後方視的検討 −小児がん研究4グループによる調査− 臨床血液 53: 443-449, 2012

21. Kobayashi R, Fujita N, Mitsui T, Iwasaki F, Suzumiya J, Kuroda H, Nishimura R, Sasahara Y, Takeshita Y, Kato K, Okumura H, Sakamaki H, Yabe H, Kawa K, Kato K, Suzuki R. Stem Cell Transplantation for Pediatric Patients with Non-Anaplastic Peripheral T-Cell Lymphoma in Japan . Br J Hematol in press